お酒の買取ができないケース

お酒の買い取り業者はどんなお酒でも買い取ってくれるのでしょうか?
実は買取不可のお酒も存在しています。お店によっては賞味期限のあるビールや日本酒の買い取りを行わない所もあるのです。
他にも「この状態では買取不可」として断られるケースもあります。一体どのようなお酒が買取不可なのでしょうか?

開封済みのもの

お酒は開栓した段階でどんどん風味や味わいが劣化していきます。一番分かりやすい例がビールでしょう。
瓶ビールを開栓し中身をグラスに注いだ瞬間に、ビールは酸化し始め炭酸も抜けていきます。
1~2時間もすればビールは気が抜け(炭酸が抜け)、すっかり味も落ちてしまい、当然売り物にはなりません。

同じ事は日本酒やウイスキー、ワインなどにも言えます。一度開栓してしまったこれらのお酒はどんどん酸化が進み、香りや味わい、色が劣化しまうのです。
このようなお酒は商品になりませんので、基本的に買い取りはしてもらえません。

ただし洋酒の場合、ボトルコレクターがいるため開栓済みでも買取できる可能性はあります。
一度査定に出してみると良いでしょう。

未開封でも目減りしているもの

お酒は開栓しない状態でもだんだん蒸発していきます。特にコルク栓で蓋をしているワインは毎年少しずつですが蒸発してしまいます。しかしワインは蒸発する事で熟成されるため、目減りしたからと言ってすぐに査定額が減額されるわけではありません。
ワインは未開封のものとそうでないものが一目で分かりますので、未開封のワインが多少液面低下していても大きな問題にはなりません。

問題になるのは、何らかの原因でコルクからワインが漏れてしまった場合です。この場合はワインそのものが劣化している可能性があるため買取を拒否されることがあります。
ワインだけではなく、ウイスキーやブランデーなど、栓の部分から中身が漏れてしまった場合も買取を断られるケースが多いのです。

液面低下しているお酒は、例え買い取ってもらえるとしても査定額はかなりダウンしてしまいます。
それでも、限定品や希少なお酒の場合は買取してもらえる可能性がありますので、お持ちの場合は一度相談してみてください。

賞味期限切れの場合は買取できない

お酒は賞味期限がないように思えますが、種類によっては賞味期限が設定されています。
「ビールは鮮度が命」とCMなどでも言われていますが、実際その通りです。
ビールの場合は製造月から約9か月が美味しく飲める期間となっており、それを過ぎると飲めないわけではないのですが風味が落ちてしまいます。
日本酒も製造月から約1年間が賞味期限です。

日本酒やビールは、賞味期限を過ぎると当然買取してもらえません。また、期限が迫っているものは買取価格がその分下がってしまいます。
時間が経てば経つほど価値がなくなってしまうため、日本酒やビールは早めに買い取ってもらう方が良いのです。

このようなお酒がある一方、賞味期限が設定されていないお酒もあります。それがウイスキーやブランデー、焼酎、ラム、ウォッカといったアルコール度数の高いお酒です。
アルコール度数が高いため、お酒に雑菌が繁殖しお酒が腐敗する事はありません。
適切な場所で保管しておけば長期間の保存が可能です。

ビール・日本酒は買取に制限があったり不可の場合も多い

ウイスキーやブランデー、焼酎のように蒸留酒は賞味期限が設定されていないため、買取時に賞味期限のチェックは入りません。
ところが日本酒やビールは買い取り時に賞味期限のチェックが入ったり、買取業者によってはそもそも日本酒やビールの買い取り自体を断る所もあります。

「なぜ日本酒とビールだけ買取に制限があるのか?」と疑問に思うかもしれませんね。
でも買い取ったお酒を転売して消費者に売る段階になれば、やはり気になるのが賞味期限です。
誰しも、できるだけ新しいお酒が飲みたいと思うのは自然な事ではありませんか?

お酒の買い取りではビールと日本酒は要注意ですが、これらのお酒を買い取ってくれる業者もありますので、売却する業者をしっかり比較して選んでくださいね。