お酒の買取において減額になるケース

お酒の買い取り業者なら、どんなお酒でも一律の値段で買い取ってくれるのでしょうか?
残念ながらそうとは言えません。買取額が減額されるケースももちろんあります。

ではお酒の買い取りにおいて減額されるケースとはどのようなものなのでしょうか?ここでチェックしてみましょう。

①ボトルが欠けている・ラベルが剥がれている

ボトル収集が目的でお酒を購入する方がいるくらい、一部のお酒のボトルには価値があります。
そのボトルが欠けていれば商品価値が下がりますから、当然査定額も下がってしまい期待したほどの金額で引き取ってもらえなくなります。

もし手持ちのお酒を業者に買い取ってもらうつもりなら、瓶の扱いには十分気を付けなければなりません。
お店に運搬するまでに瓶が破損してしまったら買取額ダウンは必至です。

瓶だけではありません。ラベルが剥がれているのも大きなマイナスです。瓶の刻印などでお酒の銘柄や製造年は特定出来たとしても、お酒を購入してくださる方がラベルの剥がれた見栄えの悪い商品を積極的に購入する可能性は低いため査定額がダウンしてしまいます。

古いお酒の場合、瓶を掃除する時に誤ってラベルを剥がしてしまう可能性もあります。
瓶を綺麗に掃除して買い取ってもらうのはとても重要ですが、ラベル剥がれにならないようラベル周りの清掃は慎重にお願いします。

②色が変色してしまっている

「白ワインを購入したはずなのに、しばらく置いて見てみたら琥珀色になっていた」
このように、本来無色透明であったワインが茶色や琥珀色になっていた場合などは査定額が減額されます。
白ワインが琥珀色に変化するのは熟成によるものかもしれません。けれどワインをワインセラーなど管理された状態で熟成させるならともかく、素人がそのままワインを放置して「無色透明のワインが茶色になっていました」では、明らかにワインが劣化しています。

専門家が注意深く熟成させたワインでない限り、ワインの色調不良はマイナス査定になります。
ワインだけではなく日本酒も劣悪な環境で放置すれば無色透明から琥珀色へと少しずつ変化してしまいますが、やはり査定には響きますね。

色が変色してしまったお酒や瓶の底に澱のあるお酒は査定額が減額されると思ってください。
業者の中には色調不良や澱があっても買い取ってくれる所もありますが、買取額はどうしても下がってしまいます。