お酒買取業者を利用して簡単に買取してもらう方法

手元にある飲まないお酒・不要なお酒をそのまま置いておいても、場所を取るだけで意味がありません。
コレクションしているならともかく、明らかに「この先飲まないであろうお酒」は早めに処分した方が良いです。
お酒の効率的な処分方法にお酒の買取業者にお願いして買い取ってもらう方法があります。

お酒の買い取り方法には3つの方法があります。
まずお店に直接持ち込んで買い取ってもらう「店頭・持込買取」や、お酒を宅急便で送る「宅配買取」、そしてお酒が大量にある場合は担当者に出張してもらって買い取ってもらう「出張買取」です。
このページでは「宅配買取」と「出張買取」についてまとめています。

査定商品を着払いで送る「宅配買取」

不要なお酒があれば、直接店頭に持ち込んで査定・買取してもらうとスムーズなのですが、以下のような方々は店頭持ち込みがしにくいです。

・地方在住などでお店が遠方にある
・あまりにも多忙でお店の営業時間内に店舗まで足を伸ばせない
・お店にお酒を持ち込む途中でトラブルに遭うのが嫌だ(特に高額なお酒の場合)

このような方は宅配便を利用してお酒を安全・確実にお店に運んでもらう方法が適しています。
また宅配買取のメリットとしては、対面で直接担当者と顔を合わせてやり取りするのが苦手、と言う方もスムーズにお酒を売却出来る事です。
メールやLINEなど直接言葉を交わさない方法で売却出来るのも便利な点です。担当者と直接打ち合わせを行い査定から買取まで行う場合は、やはりまとまった時間が必要です。
忙しい方にとっても便利な買取形態と言えるでしょう。

宅配買取の場合、送料や発送に使う梱包キット、買取金額の振込手数料などが無料になっている事が多いです。
お酒を梱包して箱に詰めると言う作業は必要ですが、余計な負担なく不要なお酒をすぐに売却出来るのでとても便利ですね。

もし正式な買取価格に納得出来ないなら、お酒を無料で返送してもらえる点も安心出来るポイント。
宅配買取は売り手の都合や意志を尊重した買取方法と言えます。

大量売却の場合は「出張買取」が便利

もし手元にあるお酒が1本、2本ではなく、何十本、何百本と大量にある場合は出張買取が便利です。
これは担当者が専用のお酒引き取り車両を運転し、売主の自宅や倉庫、勤務先まで訪問して買い取る方法になります。

大量にあるお酒を一度に処分出来るので大変便利な買取方法です。
もちろん大量にあるお酒を業者の車両まで運び込む骨の折れる作業は、全て担当者にお任せ可能。
当日引き取って欲しいお酒が増えたとしてもその場で査定・買取出来るため柔軟に対応してもらえるのが大きなメリットですね。

最近は廃業するお酒屋や飲み屋も多いようなので、自宅や倉庫、事務所に大量にお酒が眠っている場合は、一気にまとめて買い取ってもらう方が良いかもしれません。
倉庫に在庫を積み上げても場所を取るだけですからね。人に譲るなど目的がなければ早めに処分する方が良いでしょう。